カラダも喜ぶ自然の力で白髪染め

皮膚から吸収される経皮毒については皆さんご存知でしょうか?

 

日常生活で私達が使用している洗濯用洗剤や柔軟剤、シャンプーやボディーシャンプー、石鹸類、歯磨き粉、洗口剤、化粧水や制汗スプレーなど…
頭皮をはじめとする皮膚の毛穴を介して体内へと吸収され、蓄積されて行くのです。それらは、やがて様々な内蔵や器官へと影響を及ぼし毒として私達の身体に作用して、時として病気として現れて来る事があるのです。

 

特にお口の中の粘膜や腟の粘膜の吸収率は高く、次いで頭皮の毛穴からの吸収率があげられます。
女性にとって頭皮からの経皮毒は、子宮に溜まり婦人科系の不調を引き起こす要因にもあげられています。

 

毎日使用しているシャンプー、コンディショナーは勿論、女性のオシャレに欠かせないパーマやカラーリング、白髪染めの成分には気を配りたいですね。

 

一度自分の使っている日用品を見直すことで、悩まされていた体の不調から解放されるかもしれません。

 

さて、そんな日用品の中でも特に気をつけたいのが白髪染め。

 

髪にハリがない原因と分かっていながらも、その手軽さや値段に、ついつい手を出してしまいがちです。

 

ここでご紹介したいのは、インド原産の「ヘナ」という植物から作られた白髪染めです。

 

植物から作られた白髪染めですから、身体にも良くて、なおかつデトックスまでしてくれるのです。

 

現代人が摂取した食品添加物やその他の体内に溜まった不必要な物をお掃除して体の外へと出してくれるのです。

 

繰り返し使うことで、髪にも栄養を与えてくれて、頭皮の汚れも綺麗になり、育毛の効果を実感された方もいらっしゃる様でいい事づくめですね。

 

ただし気をつけたいのは、一言に「ヘナ」と言っても、値段や品質は様々で、カラーバリエーションは少なく、ご自分で染める場合、思い通りの髪色に染めるのは至難の技です。

 

取り扱いのある美容院で、まずは試されると良いかもしれません。

 

はじめのうちは少し髪がギシギシしたりして少々不快な部分もありますが、回数を重ねるごとに、髪が艶やかになり、健康的な美しい髪に変化することが実感出来ると思います。

 

くせ毛と天パを活かす!

私の髪質は、天然パーマ+猫っ毛です。1度髪を結んでしまったり、ドライヤーで濡れた髪を乾かしてしまうと、その後アレンジがとても効きにくいです。更に少しでも湿気があると爆発的に広がってしまい、毛先もあちこち跳ねてしまいます。

 

初めて行く美容室でも、「本当にパーマあててないんですか?」と驚かれます。美容師さんにとってはとても扱いにくい髪質だと思います。

 

ベテランの方でも、とても苦労してカットされているのを鏡越しに見ていつも申し訳なく思ってしまい、またその場合は仕上がりがあまりしっくりこないことが多く、ここ2、3年は美容室を転々としていました。

 

そんな私もやっとこの髪を常に扱ってくれる美容師さんに出会い、普段のお手入れについて、とても有益なアドバイスをもらい、出勤前が楽になりました!

 

私の場合特に、前髪の癖が強く、後ろの方やサイドの方は私が思っているより弱いとのこと。そこでまず乾かすときは、前髪から乾かし、サイドとバックを乾かしていくといいと教えてもらいました。

 

乾かすときは、櫛か、なければ手ぐしを入れながら、下からドライヤーを当てて左に流して、次に右に流してとする。そうすると、実際に癖がいい感じに落ち着いて乾きます。強めに癖が残るほうが好みであれば短めに、ちょっと伸ばしたいときは長めに乾かしています。

 

今流行りの、バングのような感じにもできますし、捻ったり編み込みをしたりして、可愛いヘアピンで留めたりもできますね。

 

サイドと後ろは、半分くらいざっと乾かします。半乾きの状態で、ムースを少したっぷりめに(ミディアムくらいの長さで500円だ3個分くらい)、毛先から10〜20センチぐらいのところに、くしゃくしゃと揉み込んでいくと、完全に乾く頃には、パーマを当てたように、ゆるふわな仕上がりになります。

 

当たり前ですが、結んでしまうと効果は出にくいですが、ハーフアップだとキレイめに仕上がるので、これからの季節にはオススメです^ ^
くせ毛のみなさんの素敵なヘアアレンジのお役に立てば幸いです。